発酵食品ってどういうもの?

発酵食品とは、食品に微生物のもつ酵素の働きが加わって体の免疫力などを高める効果がある食品のことになります。

発酵することで食品の風味や保存性が高まる食品になりもととなる食材以上の魅力をもつようになり栄養価が高い食品になります。

腸内環境を整えて便秘解消の効果などがあります。動物性由来のものと植物性由来のものがあります。

動物由来のものは、ヨーグルトやチーズなどの乳製品になります。

乳酸菌が作用して発酵させていきます。乳酸菌は糖を発酵させて乳酸などの有機酸を生成する菌のことをいいます。

乳酸菌は腸内で大腸菌などの悪玉菌の繁殖を抑えて腸内菌のバランスをとる働きがあります。

コレステロールの低下や免疫力を高める作用などあります。

動物性由来の乳酸菌は、牛乳や動物の腸など栄養が豊富なところに住んでいます。

植物由来のものは、味噌・しょうゆ・納豆・ワイン・キムチ・漬物などがあります。

お漬物などは乳酸菌のひとつのラブレ菌が作用しています。野菜に含まれる食物繊維は乳酸菌のエサとなって増殖を助ける働きがあります。

植物由来のものも腸内の環境を整える働きがあります。

発酵した食べ物は毎日摂取することで健康維持の効果があります。

コメントは受け付けていません。