オリゴ糖の性質について

私たち人間の大腸の中には1000種類以上にものぼる細菌が住み着いており、重さにすると1kg以上になります。

この大量の最近がお互いに絶妙なバランスを保ちながら、腸内バランスを形成しています。

腸内細菌は健康維持に良い働きをしてくれる「善玉菌」、逆に害を及ぼす「悪玉菌」のほかに、その時々によって立場をかえるどっちつかずの「日和見菌」から構成されています。

その構成割合は善玉菌が約20%、悪玉菌が約10%、日和見菌が約70%となっています。

善玉菌にはビフィズス菌や乳酸菌がいます。ビフィズス菌も乳酸菌もどちらも乳酸を作りますが、ビフィズス菌はさらに酢酸を作ることで腸内を酸性にし、悪玉菌の増殖を抑えてくれる働きをもっています。

悪玉菌にはクロストリジウムウェルシュ(ウェルシュ菌)などがあり、腸内の食べかすを腐らせ、ガスや悪臭を発生させます。また、中には食中毒の原因となるものも含まれます。

日和見菌は悪玉菌にも善玉菌にも分類されない、普段はこれといった作用を見せない菌ですが、腸内環境が悪い方へ傾くと一緒になって悪さをし、良い環境では良い作用を現します。

オリゴ糖は腸内ビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌の増殖を手助けするため腸内環境を良い状態に保つのに役立つため、食生活に上手に取り入れることで、健康な腸内バランスを維持することができます。

コメントは受け付けていません。