プレバイオティクスって何?

プロバイオティクスとは何か知っていますか?

腸内環境を良くしてくれるヨーグルトや、乳製品などのイメージですよね。

プロバイオティクスに期待されている効果は、腸内感染を防ぐ、がんを予防する、免疫の働きを高める、アレルギー発症を予防してくれるなど、健康維持のために期待される効果が、たくさんあるのです。

そこで、プロバイオティクスの働きを助けてくれる物質を紹介しましょう。

それは、腸内のプロバイオティクスのエサになり、悪玉菌を増やさないで善玉菌だけを増やしてくれる、「プレバイオティクス」という物質です。

腸内に棲みついている善玉菌の増殖を促してくれ、腸内フローラのバランスを整えてくれる、簡単に言うと善玉菌の餌となるものです。

腸内で消化されにくい、オリゴ糖類や食物繊維などが、その代表的なものになります。

プロバイオティクスの特徴は、生きた菌として腸内フローラのバランスを改善し、体調調節を行うという事です。

但し、体外より摂取した生きた菌は腸内にて発育・定着することは困難なので、たくさんの種類の菌を多量に毎日摂取することが必要になってきます。

つまり、この2つの物質を同時に摂取することが非常に効果的という事になります。

コメントは受け付けていません。