プロバイオティクスって何?

人体の腸の中には400〜500種類以上、約100兆個にもおよぶ多種多様な腸内細菌がおり、種類ごとにまとまって生息しています。

その様子が、その様子はまるでお花畑のように見えることから腸内フローラとも別名で呼ばれています。

このような腸内環境をバランスよく保ち、整えていくことが大切とされ、昔から様々な研究がなされてきました。

プロバイオティクスは1989年はにイギリスのフラー博士によって提唱されたもので、腸内フローラのバランスを改善し、さらに人体によい作用をもたらす生きた微生物のことです。

その代表的なものでは乳酸菌やビフィズス菌があります。

これらの菌はヨーグルトなどの製品に配合されて市場にも多く出回っているので多くの人に浸透しているのではないでしょうか。

今までは菌を殺してカラダを守るアンチバイオティクスが主流であったのに対して、カラダによい菌を増やすことで体の健康を維持するという考え方に基づいて開発されたものです。

この細菌には定義がいくつかあります。

まず胃酸や胆汁酸などに定着しないように腸まで届くことと腸内で増殖することが最も大切になります。

そして腸内環境のバランスを取ったり腸内の腐敗物質を減らす効果を必要とします。

そして病原性などを抑制する作用も期待されています。

最後に安全性が高く、簡単に摂取したり服用することができることに重要性を置いています。

コメントは受け付けていません。